カテゴリ
全体
生活を豊かにするために
食事
公共交通機関
運動
訪問リハ
リハビリ
ボランティア活動
症状
ありがとう
自然を感じる
その他
事の起こり
未分類
最新のコメント
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
お気に入りブログ


雨の日の歩行練習

今日は訪問リハビリの日。
セラピストが来報し、最近の様子など問診から始まる。

ベランダや玄関でサンダルやスリッパが脱げなくて・・・
というよりも、右足はちゃんと脱げるけれど左足だけはへばりついて一緒に室内までついてくる。
ハッと気が付いたときは畳の上をサンダルのままで歩いていた。

そんな失敗談も「そうだったんですね。」と受け止めてくれる。
決して茶化したり、笑ったりしない。
そういうところもリハビリのベテランだ。

朝から雨が降っていたので、雨の日の外出は傘が良いのか、それともポンチョのようなものが良いのか相談した。
すると早速、「では、今から外を歩いてみましょう!」

急いで両膝にサポーターを着けて出かける用意。
リュックもDバッグよりワンショルダーの方が肩からずらせば荷物の出し入れをするときに楽にできそう。
さて、傘は長柄と折り畳みどちらがよいのか・・・。
今日は長柄の傘にした。
私的にはポンチョでもよいけれど、買い物や公共交通機関などを利用するときに濡れたポンチョをどうするか・・・
脱ぐときの手間や、他者への迷惑などなど、細かいことまで考え話をしてくれる。
結論として、
持ちやすいもので、大きすぎない方がよいようだ。
傘が大きいと風にあおられたときに困るかもしれない。

実際に外へ出る。
外階段。 濡れているので降りるときは要注意!
杖を右手に持って、傘を左手に。降りるときのバランスに注意しながらゆっくり降っていく。

傘を開くときは杖についている平打ひもを手首にかけてスムーズに出来た。

路面の状態に注意しつつ、車の往来にも気を付けながら、前後左右をちょこちょこ見回しながら歩く。
小学一年生になった気分だった。
PTさんという保護者がいたので安心してたこともあるが、
一人で雨の日に外出する必要が出てきたときは、きっと緊張するだろう。
深呼吸、深呼吸。
落ち着いて歩こう。


[PR]
by NaKata_K2017 | 2017-10-16 22:40 | 訪問リハ | Comments(0)
<< めいとうボランティア展 左側がよく見えていない >>




脳出血から3か月、高次脳機能障害と診断を受け自宅でリハビリ中
by NaKata_K2017
memo


最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
(11)
(9)
(6)
(5)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
3時間リハビリ型デイサービス
at 2017-12-06 16:21
子どもたちの見守り
at 2017-12-04 16:51
デイサービスのトレーニング
at 2017-11-30 18:42
リハビリ型デイサービスに行く
at 2017-11-30 17:00
長距離を歩く
at 2017-11-11 23:38
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧